虹の橋へ旅立った仲良しかぶき&リリー。ペットロスから多頭飼いへ。

かぶき リリー 志乃 百太郎 アビー  ミニー

2014年02月13日

かぶき一周忌

DSCF0038.JPG

「おひさしぶりです&はじめまして。かぶきです」


iphone4.JPG

「私はね、かしゃぶんが大好きなの」


13544808342423.jpg

「そうそう、テレビも大好きなの。
最近では、ゴーストゴーストって騒ぐから私とリリーのことかと思ったけど、
・・・誠実な人が報われることを祈ります」


DSCF0972.JPG

「次は、ふとん家の後輩たちを評します」


DSCF1116.JPG

「まずは、志乃。
優しい色の三毛ね。
あなたは真面目一徹で誠実で優しい。
あなたの欠点は、遠慮が趣味なところね。
趣味を変えなさい」


DSCF4360.JPG

「百太郎。
あなたは明るくひょうきんで、場を和ませる天才ね。
だけどあなたは、過剰に毛繕いしすぎよ。
志乃が止めたら言うこと聞きなさいね」


2013-11-17_21-59-49_350.jpg

「そしてアビー。
あなたは我が家で唯一出産経験のある仔よね。
本当に頑張ったわね。
あなたが猫嫌いなのは・・・こればかりは仕方ないわよ。
だけどね、渚を守るのはいいけど、イタズラされても黙ってるのは良くないわよ」


nagisaip01.JPG

「あなたがアビーの最後の仔ね、渚。
あなたの偉いところは、口では騒いでも心根では平和主義なのよね。
だけどね、ちょっと勇気を出してみて?
恥ずかしがってばかりじゃ、新しい風景がいつまでも見えないわよ」


DSCF3843.JPG

「そして我が家の末っ子、ミニー。
あなた、おもしろい髪型ね。
同じ三毛でも、あなたみたいな仔は初めて見ましたよ。
あなたは我が家を信じてついてきてくれて、百太郎同様場を明るくしてくれて感謝してる。
明るくてオープンなのはいいけど、あなたは体が弱いんだから、冷えた場所で遊びすぎちゃダメよ。
暖かい場所で遊びなさい」


2013-02-12_19-57-03_641.jpg

「後輩達が心配だし、飼い主達も変な人たちだから、またちょくちょく様子を見に来ますよ」

よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ アレルギー猫へ
にほんブログ村

ニックネーム ふとん at 20:58| Comment(4) | かぶき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

愛猫の突然死に苦しむ方へ

今日は重い話になります。そして長くなります。申し訳ありません。
辛い方は飛ばしてください。
「猫の突然死」で検索して来てくださる方が増えてきました。
自分だけではないんだ、という心強さと、こんなにも突然死で亡くなる子がいることに驚いています。

2013-02-12_19-57-03_641.jpg
(突然死した愛猫かぶきの、生前最後の写真です。この写真を撮影してから24時間経たずに突然死しました。)

まずは、愛猫ちゃんを亡くされた方々へ。
愛猫ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

あなたと愛猫ちゃんの日々を突然絶たれ、どうにもならない苦しみを抱えておられると思います。
なにも信じられなくなり、すべてのことに一切の興味を持てなくなって当然です。

まず、参考にならない私の経験を書きます。

【いつもどおりだった朝】

私は、本年の2月13日の朝5時半すぎごろ、かぶきに出勤を見送ってもらいました。
もちろん元気でした。
その日夕方の6時前、いつものようにかぶきに「ただいま」を言いました。
10分と黙っていられないかぶきが返事を返してこないのが珍しいと思い、相当熟睡してるのかと思って様子を見に行くと・・・息絶えているようでした。

だけど・・・かぶきが死んでるとは思いませんでした。
死ぬわけがないのですから。
でしたが、大変な状態になっているのはたしかでしたので、まだかかりつけは診察してる時間だ、急いで診せてこよう!
と思い立ち、先生に見せるも「残念ながら亡くなっています」と正式な死亡診断をされてしまいました・・・・・。
この死亡診断をされた時の信じられない気持ちは、いつまでも忘れません。

その日は、本当に死んでるとは思えなかったので涙は出ませんでした。
だって、かぶきは死ぬわけがないのですから。

DSCF1067.JPG
(未だにこちらの席に飛び乗る猫はいません。私は特に制限してないのですが・・・)

DSCF1068.JPG
(死後、かぶきが乗らなくなった布団。私の生活から色彩が消えました。)

【アルコール依存症】

いつまでも一緒にいたかった、かぶき。
亡くなってるとは思えないような、健康的な毛艶でした。
だけど仕方なく、週末に葬儀と火葬を行いました。

葬儀の担当者は、リリーのときと同じ方でした。
自宅で葬儀を行ったのですが、担当者の方は
「リリーちゃんのときに伺ったときは、かぶきちゃんお元気でしたのに・・・」
とおっしゃいました。
リリーの葬儀のときはもちろん、その日の朝まで元気だったんです。

納得できない。実感できない。

出棺のときは、やはり亡くなってないんじゃないかと思って車を追っかけまわしました。

葬儀のときの画像です


実感がなかったとはいえ、あまりの寂しさに日曜日は朝から飲酒していました。
平日と隔週出勤の土曜日は、仕事が終わったあとにすぐさまコンビニでお酒を買って、電車を待ちながら飲んでいました。
寝る前も、眠れなくて飲んでいました。

元々お酒は好きだったんです。
以前は〆張鶴や浦霞、一の蔵を決まった日だけ(高いので)美味しく楽しく飲んでいました。
かぶきを亡くした後は、気持ちを和らげるためだけに味も気にせず、仕事が終わるとやけになって飲んでいました。
本当にダメ人間ですね。
「もしかして、だれかが家に入ってなにも取らずにかぶきを襲った?」
根拠もなく、そうに決まってる、いくらでも悪い妄想をしてまた日曜日になったら朝から飲酒していました。
土曜の出番がない日は、土曜の朝からも飲んでいました。

しばらくして、朝から飲酒する私の姿を見るかぶきとリリーの姿が目に浮かびました。悲しそうに私を見ていたので、気の毒でした。


【再生】

夫には病院へ行くよう勧められましたが、かぶきとリリーの姿を想像すると、休日の朝からの飲酒が出来なくなりました。
わけもわからないまま数週間がたち、会社の人になにげなくかぶきの突然死を話したら、その人は猫愛護活動をしてる人でした。
何年も一緒に働いていて初めて知りました。

そのとき、安暖邸を紹介されました。

かぶきの死を実感できないまま、まだ傷が浅かった私は「猫を触りたい」と思い、紹介された安暖邸へうかがいました。
そこには、波乱万丈な猫生を歩んできた猫たちが保護されて里親さんを募集していました。

アルコール依存症になっていた私に出来ることは、そういう境遇の猫を迎えて大切にすることだ、となぜか思いました。
ちなみに、今は夜だけ飲んでいます。

そこで出会った、志乃と百太郎。
私に出来ることではなく、私が愛する猫との出会いでした。
このときには異常な酒の飲み方はせず、夜だけ飲んでいました。

DSCF1370.JPG

志乃(右)
百太郎(左)

猫ってやわらかい、あったかい、やさしい。
そう思いました。
もちろん、かぶきとリリーの身代わりではありません。

それから数ヵ月後、ご近所の高齢者ご夫妻が飼えなくなった親子猫(アビー、渚)を迎え、その一週間後に独りぼっちで道端にいた猫(ミニー)を迎えました。
まさかの大所帯です。


DSCF2501.JPG

母猫アビー(左)
娘猫 渚(右)


13750999959143.jpg

道端にいた猫ミニー


私の場合は、一気に5匹の猫との縁がありましたが、それはたまたまです。
今も苦しむ方々には、無理をしてほしくはありません。
猫に触ることが出来ない方のほうが多いでしょう。

ただ、私は一時期夫に通院を勧められるほどのアルコール依存症でしたので、皆さまには身体を大切にしてほしいことを伝えたいと思いました。
胃もたれを起こし、朝起きれば嫌な気分になり、風邪をひいたら治りにくくなったので、本当に良くありません。

何の役にも立てなくて申し訳ないですが、とにかく一人で抱え込まないでいただきたいです。
家族や友達に相談できなければ、関係性の薄い職場や学校の仲間に話してみるといいと思います。
それも気が進まない人は多いと思います。
私でよければ、いくらでもお話を聞きます。
ご遠慮なく書き込んでください。

そして、あなたの愛猫ちゃんを悲しませないために、絶対にご自分を傷つけるようなことはしないでください。
他人の私にとやかく言われる筋合いはない?
そう思われても仕方ありません。
でも、命の尊さを知ってる愛猫家だからこそ、あなたがそれを一番知ってるはずだと思い、余計なお世話的なことを生意気にも言わせていただきました。

今の辛い状況から脱却することは、愛猫ちゃんを忘れることではありません。

愛猫ちゃんが愛したあなた自身を大切に。
かぶきとリリーの姿が目に浮かんだときに、そう思いました。

よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
ニックネーム ふとん at 06:29| Comment(12) | かぶき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

かぶき半年命日 かぶきからのメッセージ

DSCF3196.JPG
今日は、かぶきが旅立ってちょうど半年です。
これから少しだけ出かけるので、食べ物は置けないですが
(食いしん坊たちの標的になります^^;)
帰りになにかいいものを買ってきましょう♪
右側にあるにゃんこの顔写真がプリントされたお菓子は、にゃん太郎飴といって、この商品の売上額100%が動物愛護団体へ寄付されます。
リンク にゃん太郎飴

では、かぶきからのメッセージです。

kabuki.JPG

「皆さま、お久しぶりです。
半年前は、びっくりさせてごめんなさい。
私も急に虹の橋へ来て、自分でとても驚いています。
今我が家には、予想外にたくさんの猫が来てるけど、
しっかり守っていかなきゃね。ああ忙しい。
ミニーは、私がおうちへ連れて行かれたときと同じ大きさです。
なんだか懐かしくなりました。

皆さま、暑さが収まるまでは、不要不急の外出は控えてね。
ではまたね」

よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
ニックネーム ふとん at 07:20| Comment(4) | かぶき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする