虹の橋へ旅立った仲良しかぶき&リリー。ペットロスから多頭飼いへ。

かぶき リリー 志乃 百太郎 アビー  ミニー

2013年12月24日

みんにゃ元気です

ご無沙汰してました。すみませんm(_ _)m

うちの猫たちに何事もなくなって安心したせいか、サボリ癖がつきました。
しばらくカメラも手にせずに、かわいいね〜とかやってたんですよ。

安暖邸さん、リトルキャッツさん、志乃と百太郎は元気です。
ご安心ください。

DSCF4531.JPG

「寒いからさあ、寝てる時間が多いのよ」


DSCF4530.JPG

「オレもほとんど寝てるな。目の周りのケガは治ったよ」


魚屋さん、アビーと渚は元気ですよ。

DSCF4532.JPG

ぶれまくりだけどね。


DSCF4538.JPG

「わたちって、モテすぎるから外には出ないようにしてるの」

ハイハイ、美人自慢はわかりましたよ♪

DSCF4535.JPG

「母は、相変わらずテレビが好きなの(渚談)」


そして、ミニーちゃんを産んだお母さん。安心してくださいね。

DSCF4526.JPG

「わたち、大人になりたいのに、パパとママがうざいでちゅ」

しーちゃんと坊っちゃんから過保護にかわいがられてます。
先日の騒動が消えたかのように、元気です。

そのミニーちゃんの実母は今どうしてるんだろう。。


元気一番!
よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ アレルギー猫へ
にほんブログ村

ニックネーム ふとん at 06:25| Comment(6) | 全員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

レディース・リーゼント

み、ミニーちゃん。

ああ、私のかわいい孫が・・・!
いつからそんな非行に走ったのでしょうか。


13873711296270.jpg

「ちゅっぱりを、にゃめるんじゃねーじょ」

なんと、おかっぱ娘はリーゼントにしています(笑)

ツッパリって言いたかったようです。


13873711585631.jpg

「おにゃー!」


これは大変です。
この子の両親はどんな教育してるんでしょうか?


13873711900223.jpg

「なんだ?オレの娘も頼もしくなったもんだな。感無量だ」


13873711765402.jpg

「なにが感無量ですか!
ミニー、担任の先生に毎日宿題10個出すようにお願いしましたからね!」


13873720112980.jpg

「母さん、いくらなんでもそれは酷いんじゃないか?」

「なにが酷いもんですか。
まったくミニーは、この間の手術の後なんて、命に関わるところだったんですよ」


「そう怒るなよ。ミニーはちゃんと生還したじゃないか」

「生還しなかったら、許しませんでしたよ!!」

先日の騒動では、本当に命に関わるかと思いました。
いやもしかしたら、あのまま病院へ行かなかったら、命に関わっていたかもしれません。
意地でも三途の川には行かせない!神と私のバトルでした。

よろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ アレルギー猫へ
にほんブログ村
ニックネーム ふとん at 06:10| Comment(5) | 志乃 百太郎 ミニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

殺処分がゼロにならないかぎり

DSCF4517.JPG

「おはようごじゃいましゅ。
わたちは、元気でちゅよ〜。
応援ありがとうでちゅ」

今回は、ミニーちゃんを避妊手術したあとに胃腸と肛門括約筋の炎症が激しくなって、一時的に具合が悪くなりました。

まず食欲不振、じっとして動かない、緑色の水を嘔吐、肛門から透明の粘液が垂れ流された、以上の症状があり、夜間救急にフラれたりなどいろいろありました。

そして、皆様のあたたかいご声援とお祈りで見事食欲が復活しました。

今回は本当にありがとうございます。

ミニーちゃんの術前血液検査は良好で、腎臓・肝臓・甲状腺ともに問題はなく、心音も問題ありませんでした。
ただ、鼻がほかの雑種の子に比べてやや短く、ときどき具合の悪いパグのような呼吸をするのが気になっていましたので、先生の配慮で麻酔前に鼻を管で洗浄して、鼻水を完全に取り除いてから手術にとりかかりました。

そして術後。

ミニーちゃんは退院して一日、二日は元気だったのです。
そして三日目に具合が悪くなりました。

先生がおっしゃるには、麻酔のショックか、処方された化膿止めかは特定はできないとのことでした。
化膿止めで便は緩くなっていたので、二日目に先生に連絡して今後は飲まさずにいこう、という話しになったところで具合が悪くなりました。

避妊・去勢手術は、全身麻酔とメスを入れるという、大変負荷の大きい医療行為です。
だけど、これは決して悪だとは思えません。
なぜなら、殺処分がゼロになっていないから。




上この動画の4:11あたりに、「子猫が生まれちゃったから引き取ってほしい」という電話がかかってくる場面があります。
あまりにもお手軽です。




上こちらはですね・・・
旅行に行くために飼えなくなって、自分で持ち込んでおいて泣いて、最後には
「また飼えるようになったら、こっち(愛護センター)で猫を探したいですぅ〜」と言ってます。
厚顔無恥でしょう。


そして、動物病院のホームページで避妊去勢手術前に準備しておくことが記載されています。
整えておくべき体調、注視すべき検査について詳しく載っています。
下

http://apollo-ah.com/topics03.html


そして、避妊去勢手術の助成金の情報です。
現在の犬猫をとりまく情勢も記載されています。
下

ぜんこく 犬猫助成金 リスト


安全な避妊去勢手術と、殺処分ゼロが両立しますように。
よろしくお願いします。

かぶきとリリーは、術後ピンピンでした。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

あまり調子に乗って食べ過ぎないようにね
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

彼も病院の常連さんです
にほんブログ村 猫ブログ アレルギー猫へ
にほんブログ村
ニックネーム ふとん at 11:46| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする